フコイダン&シーフコイダン@研究所
フコイダン&シーフコイダン@研究所






”がん”とフコイダン

がん治療あれこれ

がん治療あれこれ

現代行われているがん治療には大きく分けて3つの科学治療がありますが、この3つを組み合わせて治療を行う場合がほとんどです。

@外科療法・・・直接がんそのものを切除する手術。
初期における乳がん・胃がん直腸がんなどに対して行われる。
重度・末期がんには適さない治療法で、痛みを伴います。
再発・転移の危険性が増大します。

A放射線療法・・・がん細胞に放射線を当て、直接がん細胞を死滅させる方法。
悪性リンパ種・甲状腺がん・白血病などに行われます。。
放射線療法は正常な細胞にもダメージを与える危険性があり、医者の腕によっても効果が違ってくる。

B化学療法・・・抗がん剤を投与して治療する方法。
がん細胞の活動を抑える事を目的に実施される。
反面、正常な細胞にもダメージを与えてしまいます。
その為、副作用に苦しむケースが多いのが現状。

近年では代替療法というものが非常に注目されるようになりました。



フコイダン&シーフコイダン@研究所 トップページへ

タグ:がん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。