フコイダン&シーフコイダン@研究所
フコイダン&シーフコイダン@研究所






フコイダン

フコイダンの原料

フコイダンの原料

フコイダンの原料の海藻にも色々ありますが、一般的に一番フコイダンが多く含まれているのはモズクです。

モズクには昆布に比べてフコイダンが約8倍含まれます。
フコイダンの含有量が多いという事は、言い換えれば純度の高いフコイダンの抽出も容易に出来るという事ですね。

モズクは海水に含まれているビタミンやミネラルを十分に吸収して成長します。
どう見ても原料として最適なのはモズクという事になります。

ちなみにモズクの中でもトンガ王国産が一番良いとされています。

関連記事:
フコイダンとは? シーフコイダンとは?
トンガ王国産のフコイダンとオキナワフコイダンの違いは?
フコイダンの原産地

フコイダン&シーフコイダン@研究所 トップページへ

フコイダン

フコイダンとは?

フコイダンとは?

フコイダンとはモズク、メカブ、ワカメ、昆布等の海藻のヌメリ(ヌルヌルした部分)に含まれる成分の事です。
このヌメリは海藻類が傷んだときに細菌等の浸入を防ぐ役割や、引き潮の時などに乾燥を防ぐ役割をしています。
フコイダンにはたくさんの天然の機能性成分が含まれています。

モズクには特にフコイダンが多く含まれています。
フコイダンの元となるモズクには本来人間が作り出せない必須アミノ酸9種類がバランスよく含まれています。


フコイダン&シーフコイダン@研究所
トップページへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。